CompilationOptions

CompilationOptions
Compileのオプションで,コンパイルプロセスの設定を指定する.

詳細詳細

  • CompilationOptionsは関数をコンパイルする際に適用される.
  • CompilationOptionsにはCompilationOptions->{}の形式の設定リストを使うことができる.
  • CompilationOptionsには次のネストされた設定を使うこともできる.
  • "ExpressionOptimization"Automatic入力式を最適化するかどうか
    "InlineCompiledFunctions"Automaticネストしコンパイルされた関数の本体を拡張するかどうか
    "InlineExternalDefinitions"Automatic外部定義を使うかどうか
  • に使用可能な値
  • False入力式を最適化しない
    True入力式を最適化する
    Automaticコンパイルされた関数が外部呼出しを行わない場合だけ最適化された式を使う
  • に使用可能な値
  • Falseネストしコンパイルされた関数をインライン化しない
    Trueネストしコンパイルされた関数をインライン化する
    Automatic小さくネストしコンパイルされた関数をインライン化する
  • に使用可能な値
  • False外部定義は使わない
    True外部定義の本体を挿入する
    Automatic外部定義のタイプを使う

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

コンパイルの実行方法の制御オプションはネスト形式で与えることができる.例えば, コンパイルの最適化は使わないことができる.これによって同じ計算が2回i以上行われることがある:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2010年に導入
(8.0)