ContentPadding

ContentPadding
枠付きで表示することができるオブジェクトのオプションで,コンテンツの周囲をぴっちり包むように垂直余白を縮めるかどうかを指定する.

詳細詳細

  • ContentPadding->Trueの設定では,枠付きオブジェクトのコンテンツエリアの高さは,たとえ特定の行のコンテンツが行間幅いっぱいに広がっていないとしても,行間幅の整数倍である.
  • ContentPadding->Falseと設定すると,コンテンツエリアは整数倍の次の幅まで広がらずにコンテンツにぴったり合うようになる.
  • 枠付きオブジェクトの内側の余白はContentPaddingで制御される余白エリアにFrameMarginsの値を加えて設定する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

デフォルトで,ボタンは使われているフォントの行間幅いっぱいに伸びてコンテンツを入れるようになっている:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

使われているフォントの行間幅より背が低いボタンを作る:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

アセンダーおよびディセンダーがある場合とない場合のラベルの余白を比較する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2010年に導入
(8.0)