ContinuousWaveletData

ContinuousWaveletData[{{oct1,voc1}->coef1,},wave]
ウェーブレット係数 がオクターブと音,ウェーブレット wave に対応する連続ウェーブレットデータオブジェクトを与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ContinuousWaveletData[{{oct1,voc1}->coef1,},]は常に構造がContinuousWaveletData[coefs,octvocs,]の最適化された標準形式に変換される.
  • 係数 は,ベクトル, Sound[],あるいはSampledSoundList[]オブジェクトである.
  • ContinuousWaveletTransformで使われるオプションはContinuousWaveletDataのオプションとしても使うことができる.
  • 標準出力形式では,もとのデータのオクターブ,音,次元のみが出力される.
  • Normal[ContinuousWaveletData[]]は各オクターブおよび音と対応する係数配列 の対応に関する規則のリストを与える.
  • ContinuousWaveletDataは複数のスケール における連続ウェーブレット変換 w(u,s)=1/(sqrt(s))sum_(k=1)^nx_k TemplateBox[{psi}, Conjugate]((Delta (k-u))/s)を与える.
  • 各スケール はオクターブの数と音の数で指定され,で与えられる.
  • スケールを使ってContinuousWaveletDataオブジェクト cwd からウェーブレット係数を抽出することができる.次は使用可能な指定値である.
  • cwd[{oct,voc}]に対応する係数を抽出する
    cwd[{{oct1,voc1},{oct2,voc2},}]いくつかのウェーブレット係数配列を抽出する
    cwd[ovpatt]スケールが ovpatt にマッチするすべての係数を抽出する
    cwd[All]すべての係数を抽出する
  • デフォルトで,係数は規則のリストとして返される.
  • を使って出力形が制御できる.使用可能なは以下の通りである.
  • "Rules"規則{{oct1,voc1}->}
    "Values"係数のみ
    "Inverse"個々の係数の逆変換
    "ListPlot"1D係数の単純なリストプロット
    "Sound"サウンド係数のためのサウンドオブジェクト
    "SampledSoundList"サウンド係数のためのサンプルサウンドオブジェクト
  • ウェーブレット表現の特性はContinuousWaveletData[]["prop"]で得られる.
  • ContinuousWaveletData[]["Properties"]ContinuousWaveletDataオブジェクトで使用可能な特性リストを与える.
  • 変換係数の関連特性
  • "Octaves"使用するオクターブの数
    "Voices"使用する1オクターブ当りの音の数
    "Scales"使用されたウェーブレットスケール
    "Wavelet"使用されたウェーブレット族
    "WaveletScale"分割可能な最小スケール
    "WaveletIndex"すべてのウェーブレット指標のリスト
    "LogScalogramFunction"関数 を与える
    "LinearScalogramFunction"関数 を与える
  • 入力データ関連特性
  • "DataDimensions"もとのデータの次元
    "DataChannels"データのチャンネル数
    "DataMean"もとのデータの平均
    "DataWrapper"再構築の後でデータに適用されるラッパー関数
    "SampleRate"入力データに使用されるサンプルレート

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

ContinuousWaveletDataオブジェクトを得る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ContinuousWaveletDataは異なるスケールでの係数配列の表す:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

に対応する数値スケールを含む特性を抽出する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

任意の連続ウェーブレット変換係数の逆ウェーブレット変換を計算する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2010年に導入
(8.0)