ControllableModelQ

ControllableModelQ[sys]
状態空間モデル sys が可制御であればTrueを,それ以外の場合はFalseを返す.

ControllableModelQ[{sys,sub}]
部分系 sub が可制御であればTrueを返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ControllableModelQは到達可能モデルとしても知られている.
  • 任意の初期状態 と最終状態 について有限時間内に状態を から に向ける制御入力が存在する場合,その状態空間モデルは可制御であると言われる.
  • sys は標準またはディスクリプタのStateSpaceModelあるいはAffineStateSpaceModelでよい.
  • 次の部分系 sub を指定することができる. »
  • All系全体
    "Fast"速い部分系
    "Slow"遅い部分系
    {λ1,}固有モード の部分系
  • およびの部分系は,KroneckerModelDecompositionで説明されているように,主にディスクリプタ状態空間モデルに適用される.
  • 固有モード についてはJordanModelDecompositionに説明がある.
  • ControllableModelQには次の設定のMethodオプションが使える.
  • Automatic適切な検定を自動的に選択する
    "Distribution"可制御性の分布がフルランクを持つかどうかの検定を行う
    "Gramian"可制御性グラミアンが正定かどうかの検定を行う
    "Matrix"可制御性行列がフルランクを持つかどうかの検定を行う
    "PBH"PopovBelevitchHautus階数検定を使う
2010年に導入
(8.0)
| 2014年に修正
(10.0)