Correlation

Correlation[v1,v2]
ベクトル v1とベクトル v2の間の相関を返す.

Correlation[m]
行列 m の相関行列を返す.

Correlation[m1,m2]
行列 m1m2の相関行列を返す.

Correlation[dist]
多変量記号分布 dist の相関行列を返す.

Correlation[dist,i,j]
多変量記号分布 dist(i,j)番目の相関を返す.

詳細詳細

  • Correlation[v1,v2]は,v1v2の間のピアソン(Pearson)相関係数を返す.
  • リスト v1v2は同じ長さでなければならない.
  • Correlation[v1,v2]Covariance[v1,v2]/(StandardDeviation[v1]StandardDeviation[v2])に等しい.
  • 列の行列 m について,Correlation[m]m の列間の相関の × 行列である.
  • × 行列 m1× 行列 m2について,Correlation[m1,m2]m1m2の列間の相関の × 行列である.
  • CorrelationSparseArrayオブジェクトに使うことができる.
  • Correlation[dist,i,j]Covariance[dist,i,j]/(σi σj)を返す.ただし,σidist の標準偏差の i 番目の成分である.
  • Correlation[dist](i,j)番目の成分がCorrelation[dist,i,j]で与えられる相関行列を与える.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

2つのベクトル間の相関:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

実数値:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

行列の相関行列:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

実数値:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

2つの行列の相関行列:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//MatrixForm=

実数値:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2007年に導入
(6.0)
| 2010年に修正
(8.0)
Translate this page: