Cos

Cos[z]
z の余弦を与える.

詳細詳細

  • 記号操作・数値操作の両方に適した数学関数である.
  • Cosの引数はラジアンで与える.(度数の角度は,係数Degreeを掛け合せラジアンにしてから使う.) »
  • Cosは,引数が の単純有理倍数である場合は自動的に評価されるが,より複雑な有理倍数の場合はFunctionExpandが使用されることもある. »
  • 特別な引数の場合, Cosは,自動的に厳密値を計算する.
  • Cosは任意の数値精度で評価できる.
  • Cosは自動的にリストに縫い込まれる.

予備知識
予備知識

  • Cosは,余弦関数である.これは,三角法における基本関数の一つである.これは, を単位円の円周に沿って 軸から反時計回りに測定したラジアン角度とすることで,実数について定義する.Cos[x]はその後,弧の端点の水平座標を与える.教科書的な定義では,直角三角形における角度 の余弦は, に接する辺の長さと斜辺の長さの比である.
  • Cosは,要素単位でリストと行列に縫い込まれる.数が引数として与えられている場合には,Cosは任意の数値精度で評価することができる.MatrixFunctionを使って,個々の行列要素の余弦とは対照的に,正方行列の余弦(つまり通常のベキを行列のベキで置き換えた余弦関数のベキ級数)を与えることができる.後者は,ニュートンの運動方程式から導き出された常微分方程式系を解く場合によく使われる.
  • Cosは,引数が の単純な有理倍数である場合に,厳密な値に自動的に評価される.より複雑な有理倍数については,FunctionExpandを使って明示的な厳密値が得られる場合もある.Cosを含む記号式の操作に便利なその他の操作には,TrigToExpTrigExpandSimplifyFullSimplifyがある.
  • Cosは,恒等式を満たす.これは,ピタゴラス(Pythagorean)の定理に等しい.余弦関数の定義は,定義を使って,複素引数 まで拡張される.この場合, は自然対数の底である.余弦関数は全縁である.つまり,複素平面の有限点すべてにおいて複素微分することができる.
  • Cosの逆関数は,ArcCosである.双曲線余弦は,Coshで与えられる.
1988年に導入
(1.0)
| 1999年に修正
(4.0)