CrossMatrix

CrossMatrix[r]
各指標に沿って r 位置分広がる中心の十字形状の範囲の要素が1,その他の要素が0の行列を与える.

CrossMatrix[r,w]
1の十字形状の範囲を含む ww 行列を与える.

CrossMatrix[{r1,r2,},]
i 番目の指標方向に ri位置分広がる中心の十字形状の部分の要素が1の配列を与える.

詳細詳細

  • 1の十字は常に領域の中心になる.
  • CrossMatrix[r]あるいはCrossMatrix[{r1,}]において,行列あるいは配列はすべての非零要素をちょうど含むような大きさになる.
  • CrossMatrix[All,w]は可能な限り大きい十字形を含む ww 行列を返す.
  • CrossMatrix[,{w1,w2,}]w1w2 配列を返す.
  • CrossMatrix[{r1,,rn},w]ww 配列を返す.
  • CrossMatrix[All,{w1,,wn}]は可能な限り大きい十字形を含む w1wn配列を返す.
  • CrossMatrix[r]の要素は,中心からの編集距離が1未満のときは1である.
  • パラメータ r は整数である必要はない.奇数次元の配列において,十字は始点からFloor[Abs[r+1/2]]画素を伸長する.
  • 十字の線の幅は,対応する次元が奇数のときは1でそれ以外の場合は2である.
  • 整数 r について,CrossMatrix[r](2r+1)(2r+1)行列を与える.
2008年に導入
(7.0)