Csc

Csc[z]
z の余割を与える.

詳細詳細

  • 記号操作・数値操作の両方に適した数学関数である.
  • Cscの引数はラジアンで与える.(度数の角度は,係数Degreeを掛け合せラジアン角にしてから使う.)
  • 1/Sin[z]は自動的にCsc[z]に変換される.分解するにはTrigFactorList[expr]を使う.
  • ある種の特別な引数については,Cscは自動的に厳密値に評価される.
  • Cscは任意の数値精度で評価できる.
  • Cscは自動的にリストに関数の並列的な適用を行う.
1988年に導入
(1.0)
| 1996年に修正
(3.0)