CurrentImage
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

CurrentImage[]
接続されているカメラで撮影された現行画像を返す.

CurrentImage[n]
n 個の連続画像フレームをリストとして返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Dynamic[CurrentImage[]]は画像ストリームを連続して取り込む.
  • 使用可能なオプション
  • ImageSizeAutomatic表示サイズ
    RasterSizeAutomaticキャプチャされた画像の次元
  • CurrentImage$ImagingDeviceで指定されたカメラを使う.$ImagingDeviceの値は,リスト$ImagingDevices中の任意のデバイスに再設定できる.
  • カメラの起動後に,露出の調整に若干時間がかかることがある.この間にCurrentImageに返された画像は,明る過ぎたり暗過ぎたりすることがある.
2010年に導入
(8.0)
| 2014年に修正
(10.0)