Dashing
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

Dashing[{r1,r2,}]
2Dグラフィックス指示子で,これに続く線は,長さ(周期的に繰り返される)の連続する線分からなる破線として描かれることを指定する. は,グラフの全幅との比で与えられる.

Dashing[r]
Dashing[{r,r}]と等価である.

詳細詳細

  • Dashingは,2D,3DのグラフィックスおよびStyle指定に使用することができる.
  • Dashing[{}]は,この線が破線ではない通常の線であることを指定する. »
  • r には,TinySmallMediumLargeの記号形式を使うことができる.これらで,グラフィックスの全体幅に依存しない絶対的な線分の長さを指定する.  »
  • 線分の長さに指定されている場合,この線分は直径が線の太さである点として描画される.  »

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (4)  (4)

破線をスケールされた長さの連続する線分として指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

多角形の辺の破線を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

PlotStyleを使ってプロット中の破線を設定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

枠のスタイルを破線に設定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
1988年に導入
(1.0)
| 2007年に修正
(6.0)