DateList

DateList[]
現在の現地の日付と時刻をの形で返す.

DateList[time]
AbsoluteTimeの指定に対応する日付のリストを返す.

DateList[{y,m,d,h,m,s}]
日付のリストを標準的な形に変換する.

DateList["string"]
日付の文字列を日付のリストに変換する.

DateList[{"string",{"e1","e2",}}]
要素から抽出することで得られた日付のリストを与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • DateList[]は,使用中のコンピュータシステムに設定されている日付と時刻を使用する.この演算は,時刻帯やいわゆる夏時間等の補正は全く行わない.
  • DateList[TimeZone->z]は,使用しているコンピュータシステムのシステムクロックが返す時刻が$TimeZoneに対応する時刻帯であるものとして,時刻帯 z から推定される日付と時刻を返す. »
  • DateList[]が返す値は,秒を除いてすべて整数である.また,秒として与えられる数は,$TimeUnitより優れた精度になることはない.
  • DateList[{y,m,}]では,より短いリストを使うこともできる.例えば{y}と等価であり,と等価である.
  • 通常の範囲外の m, d, h, m, s の値は適切に減らされる.整数値以外の d, h, m, s の値も使うことができる. »
  • DateListが返す2個のリストをOrderを使って比較することができる. »
  • DateList[{"string",{"e1","e2",}}]の形のとき,のいずれかである.
  • DateList[{"string",{"e1","e2",}}]は,を使っての要素を埋める.埋められなかったものは,デフォルト値を持つものとされる. はその時点の年である. »
  • DateList[{"string",{"e1","e2",}}]では,は与えられた順序でから抽出され,英数字以外の文字で区切ることができる. »
  • DateList[{"string",{"e1","sep12","e2","sep23",}}]は指定された明示的なセパレータを使って要素を抽出する. »

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

現在の日付を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

絶対時間を日付のリストに変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

省略した日付リストを展開する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

日付の文字列をリストに変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

文字列を変換するために日付要素を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2007年に導入
(6.0)