DateListPlot

DateListPlot[{{date1,v1},{date2,v2},}]
連続する日付で値 の点をプロットする.

DateListPlot[{v1,v2,},datespec]
日付の点を datespec で指定された間隔で等間隔にプロットする.

DateListPlot[tseries]
時系列 tseries をプロットする.

DateListPlot[{data1,data2,}]
すべての からのデータをプロットする.

DateListPlot[{,w[datai],]
記号ラッパー w で特徴が定義された をプロットする.

詳細とオプション詳細とオプション

  • が取り得る形式には次のようなものがある.
  • DateObject,TimeObject日付オブジェクトあるいは時のオブジェクト
    "string"DateString指定
    {y,m,d,h,m,s}DateList指定
    {y},{y,m},{y,m,d},短縮された日付のリスト
    t1つの数字として与えられる絶対的な時間
  • 短縮された日付リストでは,省略された要素はデフォルト値を取るものとされる.
  • datespec が取り得る形式には次のようなものがある.
  • {start,end}start から end までの日付を等しい増分で
    {start,Automatic,Δt}start から始まる日付を増分
    {Automatic,end,Δt}end で終る日付を増分
    start日付を start 形式で決定された増分で
  • datespec における は,の日付リストの指定でもよく,特殊形のいずれかでもよい.
  • 明示的な が与えられていなければ,使用される増分は start で明示的に指定される最小の時間単位となる.
  • データ値 は次の形式で与えることができる.
  • vi実数値の数
    Quantity[vi,unit]単位の付いた数量
  • 上記の形ではない値 は欠落しているとみなされ,表示されない.
  • には次の形式と解釈が使える.
  • <|"k1"v1,"k2"v2,|>
    <|date1v1,date2v2,|>キーと値のペア
    TimeSeries, EventSeries時と値のペア
    QuantityArray大きさ
    WeightedData重みなしの値
  • には次のラッパー w を使うことができる.
  • Annotation[datai,label]データの注釈を与える
    Button[datai,action]点がクリックされた際に実行する動作を定義する
    EventHandler[datai,]点の一般的なイベントハンドラを定義する
    Hyperlink[datai,uri]点をハイパーリンクにする
    Labeled[datai,label]データにラベルを付ける
    Legended[datai,label]凡例でデータを識別する
    PopupWindow[datai,cont]点にポップアップウィンドウを付ける
    StatusArea[datai,label]マウスオーバーの際にステータスエリアに表示する
    Style[datai,styles]点を指定されたスタイルで示す
    Tooltip[datai,label]点にツールチップを付ける
    Tooltip[datai]データ値を点のツールチップとして使う
  • ラッパー w は複数のレベルで適用することができる.
  • {,w[vi],}リスト中の値 をラップする
    {,w[{datei,vi}],}をラップする
    w[datai]データ をラップする
    w[{data1,}]データ集合をラップする
    w1[w2[]]ネストしたラッパーを使う
  • DateListPlotでは,LabeledPlacedは次の位置を使うことができる.
  • Automaticラベルを自動的に置く
    Above, Below, Before, Afterデータ周囲の位置
    datedateのデータ近く
    Scaled[s]データに沿った,スケールされた位置 s
    {s,Above},{s,Below},データに沿った,位置 s と相対的な位置
    {pos,epos}データと相対的な位置 pos に置かれたラベル内の epos
  • DateListPlotには,Graphicsと同じオプションに次の追加・変更を加えたものをオプションとして使うことができる.
  • AspectRatio1/GoldenRatio縦横比
    AxesAutomatic軸を描くかどうか
    ClippingStyleNone線が切り取られたときに何を描くか
    ColorFunctionAutomatic線の彩色をどのように決めるか
    ColorFunctionScalingTrueColorFunctionの引数をスケールするかどうか
    DataRangeAutomaticデータとして仮定する x 値の範囲
    DateFunctionAutomatic日付をどのように標準形に変換するか
    DateTicksFormatAutomatic日付の目盛ラベルの形式
    FillingNone各点の茎をどのように塗り潰すか
    FillingStyleAutomatic塗潰しに使用するスタイル
    FrameTrueプロット周囲に枠を置くかどうか
    InterpolationOrderNoneデータ点を繋ぐために使用する曲線の多項式次数
    JoinedFalse点を繋ぐかどうか
    MaxPlotPointsInfinity含める点の最大数
    MeshNone各線にいくつのメッシュ点を描くか
    MeshFunctions{#1&}メッシュ点の置き方をどのように決めるか
    MeshShadingNoneメッシュ点間の領域の陰影付けをどのようにするか
    MeshStyleAutomaticメッシュ点のスタイル
    MethodAutomatic使用するメソッド
    PerformanceGoal$PerformanceGoal最適化しようと試みるパフォーマンスの局面
    PlotLabelNoneプロットの全体的なラベル
    PlotLabelsNoneデータのラベル
    PlotLegendsNoneデータ集合の凡例
    PlotMarkersNone各点を示すためのマーカー
    PlotRangeAutomatic含める値の範囲
    PlotRangeClippingTrueプロット範囲を切り取るかどうか
    PlotStyleAutomatic点のスタイルを決定するグラフィックス指示子
    PlotTheme$PlotThemeプロットの全体的なテーマ
    ScalingFunctionsNone個々の座標をどのようにスケールするか
    TargetUnitsAutomaticプロットに表示する単位
  • DataRangeは,値をどのように解釈してかとするかを決定する.次は可能な設定である.
  • Automatic,All から n に一様に
    {xmin,xmax}から に一様に
  • 一般に,ペアのリストは点のリストと解釈されるが,DataRangeAllとすると複数データとしての解釈が強制される.
  • PlotLegendsのよく使われる設定
  • None凡例は使わない
    Automatic凡例を自動的に決定する
    {lbl1,lbl2,}, , を凡例ラベルとして使う
    Placed[lspec,]凡例の置き方を指定する
  • ScalingFunctions が適用される.
  • PrologEpilogTicks等における明示的な 座標はすべて日付と解釈される. »

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

明示的な日付の値を持つデータをプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

2000年8月からの月ごとの値をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

複数の時系列を凡例付きでプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

データにラベルを付ける:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

過去の株価を読み出してプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2007年に導入
(6.0)
| 2016年に修正
(10.4)
Translate this page: