DateListPlot

DateListPlot[{{date1,v1},{date2,v2},}]
連続する日付で値 の点をプロットする.

DateListPlot[{v1,v2,},datespec]
日付の点を datespec で指定された間隔で等間隔にプロットする.

DateListPlot[{list1,list2,}]
値の複数のリストをプロットする.

詳細とオプション詳細とオプション

  • DateListPlot[list]はデフォルトで,list 中の各値を別々の点としてプロットする.
  • DateListPlot[list,Joined->True]は,点のリストを通る線を描く. »
  • が取り得る形式には次のようなものがある. »
  • t1つの数字として与えられる絶対的な時間
    {y,m,d,h,m,s}DateList指定
    {y}, , , 短縮された日付のリスト
    "string"DateString指定
  • 短縮された日付リストでは,省略された要素はデフォルト値を取るものとされる.
  • datespec が取り得る形式には次のようなものがある. »
  • {start,end}start から end までの日付を等しい刻み幅で
    {start,Automatic,step}start から始まる日付を刻み幅 step
    {Automatic,end,step}end で終る日付を刻み幅 step
    start日付を start 形式で決定された刻み幅で
  • datespec における step は,文字通りのの日付リストの指定でもよく,特殊形のいずれかでもよい. »
  • 明示的な step が与えられていなければ,使用される刻み幅は start で明示的に指定される最小の時間単位となる.
  • DateListPlotは,ListPlotと同じオプションに次の追加・変更を加えたものをオプションとして使うことができる.
  • AxesAutomatic軸を含むかどうか
    DateFunctionAutomatic日付の標準形への変換方法
    DateTicksFormatAutomatic日付の目盛ラベルの形式
    FrameTrueプロットの周囲に枠を描くかどうか
    PlotRangeAutomatic含める値の範囲
  • PrologEpilogTicks等における明示的な 座標はすべて,日付であると解釈される. »

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

明示的な日付の値を持つデータをプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

2000年8月からの月ごとの値をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

点を繋ぐ:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

複数のデータを凡例付きでプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

過去の株価を読み出してプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2007年に導入
(6.0)
| 2014年に修正
(10.0)