WOLFRAM言語組込みシンボル

DefaultTicksStyle

DefaultTicksStyle
グラフィックス関数の低レベルオプションで,目盛を描画する際のデフォルトスタイルを指定する.

詳細詳細

  • DefaultTicksStyle->style は,目盛が事実上Style[ticks,style]で置き換えられるように指定する.
  • TicksStyleDefaultTicksStyleの後で適用される
  • DefaultTicksStyleのデフォルト設定は一般に構造によって異なる.
  • Graphicsのデフォルト設定はDefaultTicksStyle->"GraphicsTicks"で,一般に obj という名前のオブジェクトの場合はobjであることが多い.
  • DefaultTicksStyle->{} はデフォルトのスタイル指定を導入しないので,事実上すべての外部スタイル指定を取り込むことが可能になる.
  • DefaultTicksStyle->style とすると,style 中のすべての指定が対応する外部のスタイル指定に優先するようになる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

DefaultTicksStyleの現行設定:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

使用されているデフォルトスタイル:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

TicksStyleの明示的な設定はDefaultTicksStyleを無効にする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2008年に導入
(7.0)