DeleteCases

DeleteCases[expr,pattern]
のパターン にマッチするすべての要素を削除する.

DeleteCases[expr,pattern,levelspec]
levelspec で指定されたレベルのパターン にマッチする式のすべての部分を削除する.

DeleteCases[expr,pattern,levelspec,n]
にマッチする式 の最初の 個の部分を削除する.

DeleteCases[pattern]
式に適用可能なDeleteCasesの演算子形を表す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Associationに適用されると,DeleteCasesは要素をその値に従って削除する.
  • DeleteCases[pattern][expr]DeleteCases[expr,pattern]に等しい.
  • DeleteCasesのオプションHeads->Trueを使って,頭部を削除することができる.式の特定の要素の頭部を削除することは,式のこの点にFlattenAtを適用するのと同じである.
  • DeleteCasesは,標準的なレベル指定を使う.
  • nレベルからレベル まで
    InfinityレベルからInfinityまで
    {n}レベル のみ
    {n1,n2}レベル からレベル まで
  • DeleteCasesにおける のデフォルト値はである.
  • 正のレベルは,個の指標で指定される のすべての部分からなる.
  • 負のレベルは,深さのすべての部分からなる.
  • レベルは,数,記号,その他の下位部分を持たないオブジェクトからなる.
  • レベルは式全体に相当する.
  • DeleteCasesは,根よりも葉を先にするように,深さを第1とした順番で の部分を横断する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

整数にマッチするケースを削除する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

演算子形を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Associationから要素を削除する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

DeleteCasesAssociationの要素の一部にアクセスすることができる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ネストしたAssociationから要素を削除する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
1991年に導入
(2.0)
| 2014年に修正
(10.0)