DeleteSmallComponents

DeleteSmallComponents[image]
バイナリ画像 image 中の小さい連結成分を背景画素で置換する.

DeleteSmallComponents[m]
ラベル行列 m 中の正の整数を合計が小さい場合にで置換する.

DeleteSmallComponents[,n]
n 以下の要素からなる成分を置換する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • DeleteSmallComponentsは,2Dおよび3Dの画像,まあるいはラベル行列に使うことができる.
  • 使用可能なオプション
  • CornerNeighborsTrue隣接コーナーを含むかどうか
    MethodAutomaticサイズ閾値を決めるメソッド
  • Methodオプションに使用可能な設定値
  • "Cluster"クラスタ分散の最大化(大津アルゴリズム)
    "Mean"閾値として成分サイズの平均を使う
    "Median"閾値として成分サイズの中央値を使う
  • デフォルト設定はMethod->"Cluster"で,これはクラスタ分散の最大化に相当する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

バイナリ画像中の小さい成分を削除する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

3D画像の小さい成分を削除する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ラベル行列から小さい成分を削除する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//MatrixForm=
2010年に導入
(8.0)
| 2012年に修正
(9.0)