DependentVariables

DependentVariables
NDSolveおよびその他の関数のオプションで,与えられた方程式の従属変数と考えられるべきすべてのオブジェクトのリストを指定する.

詳細詳細

  • DependentVariables->Automaticの場合,従属変数は方程式から決定される.
  • DependentVariables->{u1,u2,}は,たとえ解が最終的に返されないとしても,解かれるべき関数を表す従属変数 ui の完全なリストを指定する.
  • DependentVariables->{uspec1,uspec2,}を使って従属変数の範囲を指定することができる.
  • uspeciの可能な形
  • uu の範囲はRealsまたはComplexesである
    Element[u,Reals]u の範囲はRealsである
    Element[u,Complexes]u の範囲はComplexesである
    Element[u,{v1,}]u は離散範囲{v1,}を持つ
    {u,umin,umax}u の範囲は u_(min)<=u<=u_(max)である
    uspeciactioniuspeciが満たされなくなった場合に actioniを実行する

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

x[t]の解のみを保存する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

x[t]tの関数としてプロットする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

解が指定された範囲外に出たときは積分を中止する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2003年に導入
(5.0)
| 2012年に修正
(9.0)
Translate this page: