DirectoryName

DirectoryName["name"]
ファイル指定情報からディレクトリ名を抽出する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 使用のシステムによりDirectoryNameの返す内容は違う.
  • 通常DirectoryName["directory"]は,機能的にはParentDirectory["directory"]と同じである.
  • DirectoryName["name",n]は,DirectoryNamenamen 回適用する.
  • DirectoryNameの返す情報は,そのままSetDirectoryToFileNameに与えるディレクトリ指定として使える.
  • name のファイル指定にディレクトリ指定がない場合,DirectoryName["name"]は,を返す.
  • DirectoryNameは,デフォルトで,使用中のオペレーティングシステムに適したパス名のセパレータおよびその他の既約を使う.
  • DirectoryName[,OperatingSystem->"os"]は指定されたオペレーティングシステムの既約を使う.使用可能な選択肢としてがある.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

Windowsでファイルのディレクトリ名を取得する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Mac OS Xでファイルのディレクトリ名を取得する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

DirectoryNameを2回適用する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
1996年に導入
(3.0)
| 2008年に修正
(7.0)