DiscretePlot

DiscretePlot[expr,{n,nmax}]
n から までのときの expr の値のプロットを生成する.

DiscretePlot[expr,{n,nmin,nmax}]
nから までのときの expr の値のプロットを生成する.

DiscretePlot[expr,{n,nmin,nmax,dn}]
刻み幅 dn を使う.

DiscretePlot[expr,{n,{n1,n2,}}]
連続する値 , , を使う.

DiscretePlot[{expr1,expr2,},]
すべての の値をプロットする.

詳細とオプション詳細とオプション

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (4)  (4)

数列をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

複数の数列をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

曲線下の面積のリーマン(Riemann)和近似を示す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

棒をサンプル点の右あるいは左に置く:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

凡例を使って関数を区別する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2008年に導入
(7.0)
| 2014年に修正
(10.0)