DiscretePlot3D

DiscretePlot3D[expr,{i,imin,imax},{j,jmin,jmax}]
i の範囲が iminから imaxまで,j の範囲が jminから jmaxまでの,expr の値のプロットを生成する.

DiscretePlot3D[expr,{i,imin,imax,di},{j,jmin,jmax,dj}]
ステップ didj を使う.

DiscretePlot3D[expr,{i,{i1,i2,}},{j,{j1,j2,}}]
連続する i の値 i1, i2, j の値 j1, j2, を使う.

DiscretePlot3D[{expr1,expr2,},,]
expriのすべての値をプロットする.

詳細とオプション詳細とオプション

  • DiscretePlot3Dは標準的なWolfram言語の反復子指定を使う.
  • DiscretePlot3Dは変数 i 軸に,変数 j 軸に沿ってプロットする.
  • DiscretePlot3Dは事実上Blockを使って変数 ij を局所的なものとして扱う.
  • DiscretePlot3Dは属性HoldAllを有し,ij に特定の数値を割り当てた後ではじめて expr を評価する.
  • 場合によっては,ij に特定の数値を割り当てる前にEvaluateを使って expr を記号的に評価する方が効率がよい場合もある.
  • expr の評価に使われる精度は反復子が使う最低精度である.
  • 結果のグラフィックスプリミティブに適用されるラッパー ww[expr]の形で与えられる.
  • 使用可能なラッパー
  • Annotation[expr,label]注釈を与える
    Button[expr,action]要素がクリックされたときのアクションを定義
    EventHandler[expr,]要素の一般的なイベントハンドラを定義
    Hyperlink[expr,uri]要素をハイパーリンクにする
    PopupWindow[expr,cont]要素にポップアップウィンドウを付加
    StatusArea[expr,label]要素上にマウスが置かれたときにステータスエリアに表示
    Style[expr,opts]指定のスタイルで要素を表示
    Tooltip[expr,label]要素に任意のツールチップを付加
  • DiscretePlot3DにはGraphics3Dと同じオプションに次の追加・変更を加えたものが使える.
  • AxesTrue座標軸を描くかどうか
    BoxRatios{1,1,0.4}境界3Dボックス比
    ClippingStyleAutomatic曲面の切り取られた部分をどのように描くか
    ColorFunctionAutomatic曲面の色の決め方
    ColorFunctionScalingTrueColorFunctionの引数をスケールするかどうか
    EvaluationMonitorNoneすべての関数評価で評価する式
    ExtentElementFunctionAutomatic範囲を埋めるための生の画像の生成方法
    ExtentMarkersNone境界範囲を示すマーカー
    ExtentSizeAutomaticプロットポイントから延長する幅と深さ
    FillingAutomatic各曲面の下の充填
    FillingStyleOpacity[0.5]充填に使うスタイル
    JoinedFalse繋ぐかどうか
    MethodAutomatic使用するメソッド
    PerformanceGoal$PerformanceGoal最適化しようと試みるパフォーマンスの局面
    PlotLegendsNone数列のための凡例
    PlotRange{Full,Full,Automatic}含める やその他の値の範囲
    PlotStyleAutomatic各曲面のスタイルのためのグラフィックス指示子
    PlotTheme$PlotThemeプロットの全体的なテーマ
    RegionFunction(True&)点を含めるかどうかの決め方
    WorkingPrecisionMachinePrecision内部計算に使う精度
  • ColorFunctionに渡される引数は, である.
  • ExtentSize->{{sxl,sxr},{syl,syr}}と設定すると, 軸に沿って sxlを左に sxrを右に, 軸に沿って sylを左に syrを右に延長して各プロット点の周りに水平面が描かれる.ExtentMarkers->{{mxl,mxr},{myl,myr}}とすると, 軸に沿った左右のマーカーとして mxlmxrが, 軸に沿った左右のマーカーとして mylmyrが使われる.
  • ExtentElementFunctionに渡される引数は要素範囲{{xmin,xmax},{ymin,ymax},{zmin,zmax}}とサンプル点{xi,yi,zi}である.
  • ExtentSize->Noneと設定すると,xminxmaxは等しくなり,yminymaxも等しくなる.Filling->Noneとすると,zminzmaxと等しくなる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

二変数の数列をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

範囲を点と関連付ける:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

いくつかの数列をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2010年に導入
(8.0)
| 2014年に修正
(10.0)
Translate this page: