Distributed

Distributed[x,dist]
あるいは は確率変数 x が確率分布 dist に従った分布であると宣言する.

Distributed[{x1,x2,},dist]
あるいは は確率ベクトルが多変量確率分布 dist に従った分布であると宣言する.

詳細詳細

  • x EscdistEsc dist または と入力できる.
  • ProbabilityExpectationのような関数で使われる記号オブジェクトである.
  • は,確率変数 x が,ランダム過程 proc については分布SliceDistribution[proc,t]に従って分布していると宣言する.
  • 確率分布 dist は任意の記号確率分布指定でよい.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

記号確率分布における事象の確率を計算する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

NProbabilityを使って直接数値を求める:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

多変量確率分布で関数の期待値を計算する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

確率変数の変換で得られた分布の平均と分散:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
2010年に導入
(8.0)