Do

Do[expr,n]
expr n 回評価する.

Do[expr,{i,imax}]
変数 i の値が1から imaxまで刻み幅1で式 expr を順に評価する.

Do[expr,{i,imin,imax}]
初期値 i=imin から始める.

Do[expr,{i,imin,imax,di}]
di をステップの増分として使用する.

Do[expr,{i,{i1,i2,}}]
連続する値 i1, i2, を使用する.

Do[expr,{i,imin,imax},{j,jmin,jmax},]
それぞれの i において j を変化させて,式 expr を評価する.

詳細詳細

  • Doは,Wolfram言語の標準的な反復指定を使う.
  • ReturnBreakContinueThrowDoの中で使用することができる.
  • Returnが明示的に使用されない限り,Doが返す値はNullとなる.
  • Do[expr,Infinity]は,BreakReturnThrowAbortあるいはQuitのような関数から退出するように明示的に指示されるまで expr を評価し続ける.
  • Do[expr,spec]は,まず spec を評価し,続いて指定された変数を局所化し,その都度 expr を評価して連続的に変数に値を割り当てる.
  • Doは実質的にBlockを使って変数の値や変数を局所化する.
  • Do[expr,spec1,spec2]は,実質的にDo[Do[expr,spec2],spec1]と等価である.
1988年に導入
(1.0)
| 2015年に修正
(10.2)