DumpSave

DumpSave["file.mx",symbol]
シンボル symbol に関する定義をWolframシステムの内部形式でファイルに書き出す.

DumpSave["file.mx","context`"]
指定のコンテキストにあるすべてのシンボルの定義を書き出す.

DumpSave["file.mx",{object1,object2,}]
複数のシンボルまたは複数のコンテキストの定義を書き出す.

DumpSave["package`",objects]
使っているコンピュータシステムに応じて出力ファイル名を選定する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • DumpSaveによる定義情報の書出しは,Wolfram言語への入力に最適化されたバイナリ形式で行われる.
  • 出力ファイルにはファイル形式と内容を表したテキスト記述のヘッダ部が設けられる.
  • DumpSaveを使い作成したファイルは,Getを使うことで読み込むことができる.
  • DumpSaveで作成したファイルは,書込みを行ったコンピュータシステムと同種類の機械においてだけ読取りが可能である.
  • DumpSaveは,開いたストリームやリンクオブジェクトを保存しない.
  • DumpSaveで作成したファイルには,通常,拡張子 .mxがファイル名に付加される.
  • DumpSave["package`",]を使うと,作成される出力ファイルには書式 package.mx/ ($SystemIDの値)/package.mxの名前が付けられる.
  • DumpSave["file","s"]の書式を使うことで,シンボル s の値を定義した式を書き出すことができる.
  • 通常,Wolframシステムが起動する際に,コマンドラインのオプションを使ってダンプファイルを読み込むことができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

関数のすべての定義をバイナリファイルに保存する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input

ディレクトリを一時ファイルの場所に設定する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

f のすべての定義を保存する:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

f の定義をクリアする:

In[5]:=
Click for copyable input

f の定義をファイルから回復する:

In[7]:=
Click for copyable input
In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=

もとのディレクトリに設定し直す:

In[10]:=
Click for copyable input
1996年に導入
(3.0)