EffectiveInterest

EffectiveInterest[r,q]
時間間隔 q で複利計算して,利子指定 r に対応する実行利息率を与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • EffectiveInterestTimeValueで使用するのに適した式を返す.
  • EffectiveInterestは数値あるいは任意記号の式に使える.
  • EffectiveInterestによって返される記号式は,名目率について解くことができ,期間あるいは時間パラメータを複利計算する.
  • EffectiveInterest[r,q]では,利子 r は以下の形式で指定できる.
  • r名目金利
    {r1,r2,}単位時間間隔に対して適用される率の一覧表
    {{t1,r1},{t2,r2},}指定時間で変化する先物相場の一覧表
    {p1->r1,p2->r2,}金利の時間構造
  • EffectiveInterest[r,q]は,r と同じ形式で式を返す.
  • EffectiveInterest[r,0]は連続複利計算を指定する.
  • EffectiveInterest[{r1,r2,}]は,利率表に対応する年複利成長率(CAGR)を与える.
  • EffectiveInterest[{p1->r1,p2->r2,}]は,将来の直物相場の等しい一覧表を与える.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (7)  (7)

期間に4回複利計算される5%の名目金利に対応する実効利率:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

期間に12回複利計算される実効利率に対する名目金利の一覧表:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

名目金利の一覧表を,期間に12回複利計算される実効利率の一覧表に変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

利率の一覧表に対応する年複利成長率(CAGR):

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

金利の時間構造(イールドカーブ)を インプライドフォワードレートのリストとその金利が有効である対応する時間間隔に変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

年に4回複利計算される5%の実効利率に対応する名目金利を解く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

EffectiveInterestTimeValueと共に使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2010年に導入
(8.0)