Element

Element[x,dom]
または は,x が領域 の要素であることを宣言する.

Element[x,reg]
または は,x が領域 reg の要素であることを宣言する.

Element[x1|x2|,dom]
すべての の要素であることを宣言する.

Element[patt,dom]
パターン patt にマッチする任意の式が dom の要素であることを宣言する.

詳細詳細

  • は,x EscelEsc dom または として入力できる.
  • Elementは,Simplifyおよび関連する関数の仮定を設定するのに使用される.
  • dom は,数値領域あるいはにおける領域である.
  • 可能な領域 dom
  • Algebraics代数的数
    BooleansTrueまたはFalse
    Complexes複素数
    Integers整数
    Primes素数
    Rationals有理数
    Reals実数
  • 可能な領域 regRegionQによって定義される.
  • x が数値の場合, は,可能なら直ちに評価される.
  • 領域 dom については, と同等である.
  • 領域 reg については, は座標の点は reg に属すと宣言する.
  • は, と等価である.
  • は,真偽が直ちに決定できない場合, に評価される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

が実数の要素かどうかの検定を行う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

が単位円板に属すかどうかの検定を行う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

式の領域構成を表す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

が単位球体に属すと宣言する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

要素の宣言を使って領域上で積分する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

あるいは,領域上で最適化する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

EscelemEscを使って入力する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
1999年に導入
(4.0)
| 2014年に修正
(10.0)