EllipticTheta

EllipticTheta[a,u,q]
シータ(Theta)関数 を与える.

詳細詳細

  • 記号操作・数値操作の両方に適した数学関数である.
  • は単位 q の円板の中のみで定義される.円板は解析における自然の境界になる.
  • 単位 q の円板内では,からで分枝切断線を持つ.
  • 特別な引数の場合, EllipticThetaは,自動的に厳密値を計算する.
  • EllipticThetaは任意の数値精度で評価できる.
  • EllipticThetaは自動的にリストに縫い込まれる.
1988年に導入
(1.0)