ExtentSize

ExtentSize
DiscretePlotおよびDiscretePlot3Dのオプションで,各プロット点からどこまで拡張するかを指定する.

詳細詳細

  • 使用可能な設定
  • Noneマーカーなし
    Full近傍点まで完全拡張
    All等しいサイズで最大拡張
    Leftすべての次元で左に完全拡張
    Rightすべての次元で右に完全拡張
    {sl,sr}左右の拡張を指定
    {specx,specy}異なる次元で異なる指定
  • サイズ は通常のプロット座標か近傍点間の距離の比としてのScaled[s]のいずれかである.
  • 一次元で使える指定
  • None
    Full{Scaled[0.5],Scaled[0.5]}
    Left{Scaled[1.0],Scaled[0.0]}
    Right{Scaled[0.0],Scaled[1.0]}
  • 二次元では,ExtentSize->spec 軸と 軸の両方に同じ拡張指定を使うに等しい.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (6)  (6)

近傍点の間の領域を埋めるサイズを指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

プロット点を中央とする絶対サイズを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

プロット点のどちらかの側に異なるサイズを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

近傍点までの距離との比を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

不均一の間隔の点:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

ExtentSize->Allは範囲が重なり合わない中で最大の絶対サイズを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

三次元のExtentSizeではが使える:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2010年に導入
(8.0)