Extract

Extract[expr,list]
expr からリスト で指定される位置にある部分を抽出する.

Extract[expr,{list1,list2,}]
expr の部分のリストを抽出する.

Extract[expr,list,h]
expr から抽出した部分に頭部を適用し,評価する.

Extract[list]
式に適用可能なExtractの演算子形を表す.

詳細詳細

  • Extract[expr,{i,j,}]は,Part[expr,i,j,]に等しい.
  • Extractの位置指定は,Positionの戻す値や,MapAtReplacePart等の関数で使われる形式に従う.
  • 抽出した成分を評価しないのなら,Extract[expr,,Hold]の書式を使う.
  • SparseArrayオブジェクトのとき,Extract[expr,]は対応する通常の配列の部分を抽出する.
  • Extractは,Partにおけるのと同じキー指定を使ってAssociationオブジェクトに使うことができる.
  • Extract[list][expr]Extract[expr,list]に等しい.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (6)  (6)

式から2番目の部分を抽出する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

式のネストした部分を抽出する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

複数の位置から部分を抽出する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

Positionで与えられる部分を抽出する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

抽出演算子を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Associationから一部を抽出する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

異なる指定を使って抽出する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
1996年に導入
(3.0)
| 2014年に修正
(10.0)