ExtractArchive

ExtractArchive[file]
アーカイブ file を拡張し,その内容を現行ディレクトリに保存する.

ExtractArchive[file,dir]
アーカイブ file の内容をディレクトリ dir に保存する.

ExtractArchive[file,dir,pattern]
名前が pattern に合致するファイルだけ抽出する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ExtractArchiveは,ZIP,GZIP,TAR,BZIP2を含むさまざまなファイル圧縮形式をサポートする.
  • ExtractArchiveは,作成したファイルとディレクトリの名前を返す.
  • 抽出するアーカイブは,相対あるいは絶対ファイル指定を使って指定することができる.
  • 宛先ディレクトリは,相対あるいは絶対ディレクトリパスとして与えることができる.
  • 抽出されるアーカイブのファイルがすでに存在する場合,ExtractArchiveはディレクトリやファイルを作成せずに$Failedを返す.
  • ExtractArchiveによって抽出されるディレクトリはすでに存在するものである場合もある.
  • ExtractArchive[file]file を削除しない.
  • ExtractArchiveはオプションCreateIntermediateDirectoriesを取り,中間ディレクトリが作成されるべきであるかどうかを指定する.デフォルト設定はTrueである.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

GZIPファイルを解凍し,結果を現行ディレクトリに保存する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

宛先ディレクトリを指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2010年に導入
(8.0)