FactorInteger

FactorInteger[n]
整数 n の素因数をこれらの指数とともにリストとして返す.

FactorInteger[n,k]
部分的な因数分解を行い,最高で k 個の識別可能な因数を取り出す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 負の数については,単位が因数のリストに含まれる.
  • FactorIntegerは,有理数にも使用できる.この際,分母の素因数は負の指数とともに与えられる. »
  • リストFactorInteger[n,k]の最終要素は,部分因数分解後に残った部分を返す.
  • FactorInteger[n,GaussianIntegers->True]は,ガウスの整数上で因数分解する. »
  • FactorInteger[m+I n]はガウスの整数に自動的に作用する.
  • 必要に応じて,形式{I,1}{-I,1}の単位が因数のリストに含まれる.
  • FactorInteger[n,Automatic]は見付かりやすい因数だけを取り出す.
  • FactorIntegerPrimeQを使って因数が素数かどうかを確かめる.
1988年に導入
(1.0)
| 2007年に修正
(6.0)