FileNames

FileNames[]
現行の作業ディレクトリに置かれているすべてのファイルをリスト形式にして返す.

FileNames[form]
現行の作業ディレクトリに置かれているファイルのうち,文字列のパターン form にマッチする名前のものをリストにして返す.

FileNames[{form1,form2,}]
formiにマッチする名前のファイルすべてをリスト形式で返す.

FileNames[forms,{dir1,dir2,}]
ディレクトリ diriの中に置かれているファイルのうち,forms にマッチする名前を持つものをリスト形式にして返す.

FileNames[forms,dirs,n]
n レベル下までにあるサブディレクトリに置かれているファイルを含める.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ファイル名は,文字列,StringExpression文字列パターン,RegularExpressionオブジェクト,文字列パターンの省略形で与えることができる.
  • 文字列パターンの省略形において,*はゼロまたはそれ以上の数の文字の任意の文字列を表す.@は大文字以外の1つ以上の文字数の任意の文字列を表す.
  • FileNames["*"]またはFileNames[__]FileNames[]と同値である.
  • All"*"の代りに使うことができる.
  • 文字列パターンの省略形では,Verbatim["s"]は文字列"s"*とマッチし,@が文字通りの@として扱われるように指定する.
  • FileNames[forms,dirs,Infinity]は,dirs のすべてのサブディレクトリにあるファイルを検索する.
  • FileNamesが返すファイルのリストは,関数Sortが作成する順に並べられる.
  • FileNames[forms,dirs,{n}]は,ディレクトリが厳密に n レベルに現れる場合に限り,そのディレクトリの名前も返す.
  • forms は,ファイル名の他に相対的または絶対的なディレクトリ指定を含むことができる.
  • オプションをIgnoreCase->Trueと設定することで,FileNamesがファイル名の大文字と小文字の区別を行わないようにできる.
  • デフォルト設定のIgnoreCase->Automaticのとき,FileNamesはMicrosoft Windowsオペレーティングシステム上ではファイル名中の大文字小文字を同じものとして扱うが,その他では別のものとして扱う.
  • File["dir"]を使って検索のための文字通りのディレクトリ名を指定することができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

$InstallationDirectory中のファイルとディレクトリの名前を列挙する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

インストールディレクトリ全体のファイル数を数える:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
1991年に導入
(2.0)
| 2007年に修正
(6.0)
Translate this page: