FindInstance

FindInstance[expr,vars]
Trueとなる の例を求める.

FindInstance[expr,vars,dom]
領域 における例を求める.通常 ComplexesRealsIntegersBooleansのいずれかである.

FindInstance[expr,vars,dom,n]
n 個の例を求める.

詳細とオプション詳細とオプション

  • FindInstance[expr,{x1,x2,}]Solveにおけるのと同形式の結果を返す.例が存在する場合は,存在しない場合はである.
  • expr は方程式,不等式,領域指定および量限定子をReduceにおけるのと同じ形で持つことができる.
  • expr は,以下の任意の論理結合でよい.
  • lhs==rhs方程式
    lhs!=rhs不等式
    または 不等式
    exprdom領域指定
    {x,y,}reg領域指定
    ForAll[x,cond,expr]全称記号
    Exists[x,cond,expr]存在記号
  • 厳密な記号入力を与えると,FindInstanceは厳密な結果を返す.
  • たとえ2つの入力が同じ数学的な集合を定義しても,FindInstanceは別々の例を選んで返すことがある.
  • FindInstanceが返す例は通常集合中の特殊なあるいは興味深い点に対応する.
  • FindInstance[expr,vars]はデフォルトにより不等式に代数的に現れる数量は実数であり,その他の数量は複素数であると推定する.
  • FindInstance[expr,vars,Integers]はディオファントス(Diophantus)方程式の解を求める.
  • FindInstance[expr,vars,Booleans]expr に対するBooleanの充足可能性を求める.
  • FindInstance[expr,vars,Reals]は,vars だけでなく,expr におけるすべての関数の値も実数であると推定する.FindInstance[expr&&varsReals,vars]vars のみが実数であると推定する.
  • FindInstance[,xreg,Reals]は,領域 reg 内になるような x を含んでいる.x についての異なる座標はIndexed[x,i]で言及することができる.
  • FindInstanceReduceが完全に簡約できなくても例を見付けられる可能性がある.
  • 与えられた入力について実行するたびに,FindInstanceは同じ出力を返す.
  • オプションRandomSeed->s の設定が異なると,異なる例の集合が返される可能性がある.
  • FindInstance[expr,vars,dom,n]は,例の総数が n よりも小さいときは短いリストを返す.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (6)  (6)

方程式系の解の例を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

方程式と不等式の系の実数解の例を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

整数解の例を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

式を満足するブール値を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

いくつかの例を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

幾何学領域内で点を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2003年に導入
(5.0)
| 2014年に修正
(10.0)