FindSequenceFunction

FindSequenceFunction[{a1,a2,a3,}]
連続する整数の引数を与えられた場合に数列 を返す単純な関数を求めようとする.

FindSequenceFunction[{{n1,a1},{n2,a2},}]
引数 が与えられた場合に を返す簡単な関数を求めようとする.

FindSequenceFunction[list,n]
n に適用される関数を求める.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 数列要素 は厳密数か記号式のどちらかである.
  • FindSequenceFunctionDifferenceRootで表される差分方程式に陰解だけでなく広範囲の整数関数によっても結果を求める.
  • FindSequenceFunctionが指定の数列を与える簡単な関数を求められない場合,未評価の形が返される.
  • 使用可能なオプション
  • FunctionSpaceAutomatic単純な関数の候補をどこにどこで探すか
    MethodAutomatic使用するメソッド
    TimeConstraint10特定の関数空間あるいは変換の実行を何秒間探すか
    ValidationLengthAutomatic見付かった候補関数の検証に使う数列の長さ
  • FindSequenceFunction[list]はデフォルトで候補となる単純な関数を探すために list の最初の方の要素を使い,次により後ろの要素を使ってその関数を検証する.
  • FindSequenceFunction[list]list のすべての要素を正しく再生する関数だけを返す.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

数列1,1,2,3,5,8,13,を返す数列を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

与えられた数列を部分数列として与える関数を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

偶数列をチェックする:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
2008年に導入
(7.0)