FlipView

FlipView[{expr1,expr2}]
クリックされるたびに を交互に表示するオブジェクトを表す.

FlipView[{expr1,expr2,}]
連続する を循環的に切り換える.

FlipView[{expr1,expr2,},i]
を現行の表示オブジェクトにする.

詳細とオプション詳細とオプション

  • FlipView内の任意の場所をクリックすると,次のオブジェクトに進む.
  • Shift-クリックで,1つ前のオブジェクトに戻る.
  • FlipView[list,Dynamic[i]]は,表示されたオブジェクトが動的に更新された i の現行値で指定されるとみなす.i の値は新しいオブジェクトが表示されるとリセットされる.
  • 次のオプションを使うことができる.
  • AlignmentAutomatic表示エリア内のオブジェクトの整列方法
    BackgroundNone使用する背景色
    BaselinePositionAutomatic周囲のテキストとの相対的な位置付け
    BaseStyle{}FlipViewのベーススタイル指定
    EnabledAutomaticコントロールを有効にするかどうか
    FrameMarginsAutomatic全体的な枠内の余白
    ImageMargins0表示エリア周囲の余白
    ImageSizeAutomatic表示エリアの全体的な画像サイズ
  • デフォルトのオプション設定のImageSize->Automaticでは,FlipViewは現在表示中の のためのスペースしか残さない.
  • ImageSize->Allとすると,FlipViewは,全体的な大きさが変わらないように,常に最大の が表示できるスペースを残す.
  • ButtonSliderのようなコントロールは,FlipViewの内部ではクリックできない.
  • EventHandlerはマウスクリックを遮るが,設定がPassEventsDown->Trueの場合は,これをFlipViewに送る.
  • BaseStyleの設定値は一般に現行スタイルシートのスタイルで与えられるデフォルトスタイルに加えられる.
2007年に導入
(6.0)