FontFamily

FontFamily
StyleCellのオプションとして使われ,テキストの描画で使う書体のフォントファミリを指定する.

詳細詳細

  • FontFamilyの可能な設定はリスト$FontFamiliesで与えられる.
  • よく使われるデフォルトはFontFamily->"Courier"である.他によく使われる設定として"Times""Helvetica"がある.
  • Wolfram言語では,FontFamilyFontWeightFontSlantFontTrackingの指定,そして場合によってはFontSizeの指定を組み合せることによりユーザの必要とするフォントの名前が構築される.次にWolfram言語は,この名前をFontPostScriptNameFontNativeNameが設定してあればそれらの条件と一緒に使い,ユーザのコンピュータシステムにある最適なフォントを探し出そうとする.
  • PostScript形式を使ったプリンタ等の出力があるとき,通常,ユーザ指定のFontPostScriptNameの設定値が他のフォント設定より優先的に採用される.
  • Wolfram言語は,オプションFontSubstitutionsで指定したフォントファミリで置き換えようとする.
  • Wolfram言語では,デフォルトで,使用のコンピュータシステムに応じたフォント名の自動変換が行われる.例えば,システムによっては"Helvetica""Geneva"になる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

"Courier"フォントファミリを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

"Times"フォントファミリを使う:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

"Helvetica"フォントファミリを使う:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

フォントファミリはスタイル関連オプションで指定することができる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
1996年に導入
(3.0)