FontVariations

FontVariations
StyleCellおよび関連構文のオプションで,フォントのどのような異体字を使うかを指定する.

詳細詳細

  • FontVariations->{opt1->val1,opt2->val2,}は,指定されたフォントの異体字を使う.
  • 指定可能なオプション
  • "CapsType""Normal"「all caps」や「small caps」のようなキャップスフォントの異体字を使うかどうか
    "Outline"False文字を輪郭線で描くかどうか
    "Shadow"False文字の周りに影を付けるかどうか
    "StrikeThrough"False文字の中央に横線を描くかどうか
    "Underlight"None下線の位置に波線を使って文字をハイライトする際に使用される色
    "Underline"False下線付きの文字を描くかどうか

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

下線付きのテキスト:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

取り消し線付きのテキスト:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

両者を組み合せる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
1996年に導入
(3.0)
| 2016年に修正
(11.0)
Translate this page: