FormatType
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

FormatType
出力ストリーム,グラフィックス,そしてText等の関数のオプションとして使われ,式の出力に使うデフォルトの出力形式を指定する.

詳細詳細

  • FormatTypeでよく使われる設定値には次のようなものがある.
  • Automatic取り囲んでいる構文から継承するもの
    InputFormキーボードからの直接入力に適した一次元形式
    OutputForm文字に基づいた二次元形式
    StandardForm標準的な二次元形式
    TraditionalForm従来の数学表記に近い形式
  • 開いた状態のストリームに使う出力形式を設定するには,書式SetOptions[stream,FormatType->type]を使う.
  • グラフィックス関数については,StandardFormTraditionalForm等のボックス記述を使った形式は,ノートブック用フロントエンドにおいてだけ使用可能である.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

デフォルトで,グラフィックス中では式はTraditionalFormを使って表示される:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

StandardFormを使って式を表示する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ラベルもFormatTypeの設定値の影響を受ける:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
1988年に導入
(1.0)
| 1996年に修正
(3.0)