Frame

Frame
GraphicsGridおよび関連構文のオプションで,プロットを囲む枠を描くかどうかを指定する.

詳細詳細

  • 次の設定を使うことができる.
  • Trueオブジェクト全体の周囲に枠を描く
    False または None枠は描かない
    AllGrid等の中の各項目の周囲に枠を描く
  • GraphicsPlotおよび関連関数は,Frame->{{left,right},{bottom,top}}で各辺に枠を描くかどうかを指定する.デフォルト設定のFrameTicks->Automaticのときは,枠を描くと必ず目盛マークが付けられる.
  • Gridおよび関連構文はでは設定値のリストを与えることができる.以下はその一般的な例である.
  • {All,False}すべての水平位置に枠(列線)
    {False,All}すべての垂直位置に枠(行線)
    {-1->True}最後の列周囲に枠
    {False,-1->True}最後の行周囲に枠
  • Gridおよび関連構文中のFrameの一般的な設定は次のようにすることができる.
  • specすべての項目に spec を適用
    {specx}連続する水平位置に を適用
    {specx,specy}連続する水平および垂直位置に を適用
    {specx,specy,rules}個々の 要素への明示的な規則の適用も許容する
  • は次の形式を取ることができる.
  • {s1,s2,,sn}から までを使い,次にデフォルトを使う
    {{c}}すべての場合に c を使う
    {{c1,c2}}を交互に使う
    {{c1,c2,}}すべての を循環的に使う
    {s,{c}}s を使い,次に c を繰り返し使う
    {s1,{c},sn}を使い,次に c を繰り返し使うが,最後には を使う
    {s1,s2,,{c1,c2,},sm,,sn}最初の一続きの を使い,次に を循環的に使い, 次に の最後の一続きを使う
    {s1,s2,,{},sm,,sn}最初に のはじめの一続きを使い,最後に の最後の一続きを使う
    {i1->v1,i2->v2,}位置 で何を使うかを指定する
    {spec,rules}spec における指定をオーバーライドするために rules を使う
  • の形の設定のとき,格子中の項目よりも指定された の方が多い場合,最初の方の は最初の方の項目に使われ,最後の方の は最後の方の項目に使われる.
  • の形の規則を使って,格子の範囲の枠を指定することができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (4)  (4)

プロットの周囲に枠を描く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

左右の辺に枠を描く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

格子の周囲に枠を置く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

格子中のすべての要素の周囲に枠を描く:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

FrameStyleを使って枠目盛や枠ラベルを含む全体的な枠のスタイルを指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
1991年に導入
(2.0)
| 2007年に修正
(6.0)