FrontEndExecute

FrontEndExecute[expr]
評価のため式 expr をWolframシステムのフロントエンドに送る.

詳細詳細

  • FrontEndExecute[expr]は,WSTPを介しLinkWriteを使うことで式 expr$FrontEndに送る.
  • Wolframシステムの標準フロントエンドはNotebookApplyNotebookLocateSelectedNotebook等の特別なノートブック操作コマンドしか扱えない.また,フロントエンドはコンテキストにあるそのコマンドの機種別バージョンを使う.
  • FrontEndExecute[FrontEndToken["name"]]は,フロントエンドにおいてコマンド名 name の記述入力でメニューコマンド等を実行するときに使う.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

次はフロントエンドのCellPrint関数を呼び出す:

In[1]:=
Click for copyable input

2つのセルがあるノートブックを作る:

In[1]:=
Click for copyable input

FrontEndTokenを使って2つのセルを1つにする:

1996年に導入
(3.0)