Function

Function[body]
および body&等は,純関数である.その形式的なパラメータは,(または),等である.

Function[x,body]
単一の形式的なパラメータ x を持った純関数である.

Function[{x1,x2,},body]
形式的なパラメータのリストを持った純関数である.

詳細詳細

  • Function[body]body&が,引数のセットに適用された場合,(または)は第1引数で,は第2引数で置換される.は,関数自体で置換される.
  • この関数により多い数の引数が存在する場合,余分になった引数は無視される. »
  • は,与えられたすべての引数の列を表す. »
  • は,第 以降の引数を表す. »
  • 連想に適用された場合,に等しく,連想中の要素を拾い出す.
  • の形では,name 中の文字は,任意の英数字の組合せでよいが,数字で始まってはならない.
  • Function[x,body] として入力することができる.ただし,の記号はEscfnEscあるいは\[Function]で入力するものとする.
  • Functionは,LISPや形式論理学の λ に対応する.
  • Functionの属性はHoldAllである.この関数本体は,形式パラメータが引数と置換された後に評価される.
  • Function[{x1,},body]の名称を持った形式パラメータ は局所的なものとして取り扱われ,関数に与えられる実際の引数との混同を避けるために必要に応じて と変名される. »
  • Functionの構文はどのようにもネストすることができる.そのそれぞれが,内側の名前付き変数が必要に応じて改名されるスコープ構文として取り扱われる.  »
  • Function[params,body,{attr1,attr2,}]は,評価の目的で属性 を持っているように取り扱われる純関数である. »
1988年に導入
(1.0)
| 2014年に修正
(10.0)