GeoPositionXYZ

GeoPositionXYZ[{x,y,z}]
直交地心座標系の位置を表す.

GeoPositionXYZ[{x,y,z},datum]
指定データを参照する点を表す.

GeoPositionXYZ[{{x1,y1,z1},{x2,y2,z2},},datum]
直交地心座標系における点の配列を表す.

GeoPositionXYZ[entity]
指定された地理実体の直交地心位置を返す.

詳細詳細

  • GeoPositionXYZは,地球中心地球固定系を使う.
  • 座標の値はメートルであると考えられる.
  • 拡張された実体については,GeoPositionXYZ[entity]は,可能な場合は,実体の地理的中心の位置を使う.
  • データが指定されていない場合,GeoPositionXYZはITRF2000 (International Terrestrial Reference Frame 2000)を参照する.
  • データ指定によく使われる値は"ITRF00","NAD83CORS96","WGS84"である.
  • GeoPositionXYZ[{x,y,z,t}]は,GMT時刻帯における,1900年1月1日からの秒で計測された時間 t を含む.
  • 明示的な時刻を含まないGeoPositionXYZオブジェクトは,現行時刻を仮定する.
  • GeoPositionXYZ[GeoPositionXYZ[{x,y,z},datum1],datum2]はデータ間の変換を行う.
  • GeoPositionXYZ[pos]あるいはGeoPositionXYZ[pos,datum]は,任意の地理的場所からの変換を行う.地理的場所のタイプGeoPositionGeoPositionXYZGeoPositionENUGeoGridPositionを使用することができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (4)  (4)

ITRF00参照フレーム中の直交点:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

測地位置に変換する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

地理位置の直交座標:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

国際宇宙ステーションの現在の直交座標と時刻:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

地心座標をITRF00からNAD83CORS96に変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2008年に導入
(7.0)
| 2014年に修正
(10.0)