Get

<<name
ファイルを読み込み,その式をそれぞれ評価し,最後の式の結果を返す.

Get[stream]
ストリームから読み込み,各式を評価し,最後のものを返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • name がコンテキストマーク文字で終るWolfram言語のコンテキストの名前である場合,Getはこの名前のファイルを読み込む手続きをする.
  • name がファイルの名前である場合,明示的に任意の拡張子が含まれていなければならない.
  • GetDumpSaveによって書かれたWolfram言語の定義であるファイルを読み込むことができる.
  • Getノートブックファイルを読み,それが表しているWolfram言語の式を返すことができる.
  • と同値である.なお,「演算子の入力形」で指定される形式で命名されている場合,引用符を省略することができる.
  • file.mxという名前のファイルがディレクトリにある場合,Getfile.mx/$SystemID/file.mx等の名前のファイルを検索する.
  • <<name によって検索されたファイルがディレクトリである場合,そのディレクトリ内のを読み込もうとする.
  • デフォルトでGet$Pathの要素で指定されたディレクトリ内のファイルを順番に探す.
  • Get[name,Path->{"dir1","dir2",}]は,ディレクトリ のそれぞれに含まれるファイルを順に検索する.
  • Wolfram言語ファイル中のシンタックスエラーは「 にシンタックスエラー」といった標準的な形式で報告される.シンタックスエラーを検知した後も,Getは継続してファイルを読み込むことを試みる.ただし,エラーが検出されると$Context$ContextPathは,Getが呼び出されたときに与えられていた値にリセットされる.
  • Get[CloudObject[]]を使ってクラウドからファイルを得ることができる.
  • Get[Databin[]]は,Wolfram Data Drop内のデータビンのコンテンツを得る.
  • Getの実行中,大域変数$Input$InputFileNameはそれぞれ読み込まれているファイル名とファイルの完全パス名に設定される.
  • Get["file","key"]は,Encode["source","file","key"]でエンコードされたファイルを読み込む.
  • Methodオプションがある場合は,ストリームは指定された入力ストリームメソッドで開かれる.これはGetがファイル名を分解するデフォルトの方法を無効にする.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

パッケージをロードする:

In[1]:=
Click for copyable input

以下で,コンテキスト中のいくつかの記号を定義する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ファイルからWolfram言語の入力を得る:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

入力が評価される:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
1988年に導入
(1.0)
| 2014年に修正
(10.0)