WOLFRAM言語組込みシンボル

Gradient

Gradient
FindMinimumおよび関連関数のオプションで,極端化されようとしている関数に仮定する勾配ベクトルを指定する.

詳細詳細

  • Gradient->{fx,fy,}は勾配ベクトルに仮定する明示的な要素を指定する.
  • Gradient->Automaticは,勾配ベクトルが関数の厳密微分または近似微分で推定されるように指定する.
  • Gradient:>expr は必要な変数の特定の数値でのみ expr を評価する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

数値的ブラックボックス関数を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

使用する記号的勾配を指定する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

使用する二階有限差分を指定する:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

勾配の評価をモニターする:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
1993年に導入
(2.2)