Graph

Graph[{e1,e2,}]
ejのグラフを与える.

Graph[{v1,v2,},{e1,e2,}]
頂点 vi,辺 ejのグラフを与える.

Graph[{,wi[vi,],},{,wj[ej,],}]
頂点と辺の特性が記号ラッパー wkで定義されているグラフを与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Graph[]はノートブックにグラフのプロットとして表示する.
  • Graph[]は常にGraph[vertices,edges,]という構造を持つ最適化された標準形に変換される.
  • Graphは,AtomQのような関数によって,またパターンマッチングの目的では,生のオブジェクトとして扱われる.
  • uv の間の無向辺は uv あるいはUndirectedEdge[u,v]で表すことができる.記号EscueEscで入力できる.
  • uv の間の有向辺は uvu->vDirectedEdge[{u,v}]のいずれかで表すことができる.記号EscdeEscで入力できる.
  • 無向グラフは無向辺の集合体で指定される.
  • 有向グラフは有向辺の集合体で指定される.
  • 頂点と辺に次の特殊ラッパーを使うことができる.
  • Annotation[a,label]注釈を与える
    Button[a,action]要素がクリックされたときに実行するアクションを定義する
    EventHandler[a,]要素の一般的なイベントハンドラを定義する
    Hyperlink[a,uri]要素がハイパーリンクとして機能するようにする
    Labeled[a,]要素にラベルを付けて表示する
    PopupWindow[a,cont]要素にポップアップウィンドウを加える
    StatusArea[a,label]要素の上にマウスが来たときにステータスエリアに表示する
    Style[a,opts]要素を指定したスタイルで示す
    Tooltip[a,label]要素に任意のツールチップを加える
  • ラベルの可能な置き方はVertexLabelsEdgeLabelsでそれぞれ与えられる.
  • Propertyを使って特性を頂点および辺に関連付けることができる.
  • Property[v,name->value]特性 name->value を頂点 v と関連付ける
    Property[e,name->value]特性 name->value を辺 e と関連付ける
  • 頂点には次の標準的な特性がサポートされている.
  • VertexLabels頂点のラベルおよびラベルの置き方
    VertexCoordinates頂点の中心座標
    VertexShape頂点のグラフィックスの形
    VertexSize頂点の大きさ
    VertexStyle頂点のスタイル
    VertexShapeFunction頂点の形状描画関数
    VertexWeight頂点の重み
  • 辺には次の標準的な特性がサポートされている.
  • EdgeLabels辺のラベルおよびラベルの置き方
    EdgeStyle辺のスタイル
    EdgeShapeFunction辺の形状描画関数
    EdgeWeight辺の重み
  • GraphにはGraphicsと同じオプションに以下の追加・変更を加えたものが使える.
  • DirectedEdgesAutomaticRuleDirectedEdgeとして解釈するかどうか
    EdgeLabelsAutomatic辺のラベルとその置き方
    EdgeLabelStyleAutomatic辺のラベルのスタイル
    EdgeShapeFunctionAutomatic辺のグラフィックス形状を生成する
    EdgeStyleAutomatic辺のスタイル
    EdgeWeightAutomatic辺の重み
    GraphLayoutAutomatic頂点と辺をどのようにレイアウトするか
    GraphHighlight{}ハイライトするグラフ要素
    GraphHighlightStyleAutomaticハイライトするスタイル
    PerformanceGoal$PerformanceGoal最適化しようとするパフォーマンスの局面
    PlotTheme$PlotThemeグラフの全体的なテーマ
    Properties{}グラフ,辺,頂点の特性
    VertexCoordinatesAutomatic頂点座標
    VertexLabelsAutomatic頂点のラベルとその置き方
    VertexLabelStyleAutomatic頂点ラベルのスタイル
    VertexShapeAutomatic頂点のグラフィックスの形
    VertexShapeFunctionAutomatic頂点のグラフィックス形状を生成する
    VertexSizeMedium頂点の大きさ
    VertexStyleAutomatic頂点のスタイル
    VertexWeightAutomatic頂点の重み
  • PPlotThemeの可能な設定には,共通の基本テーマ.色の特徴テーマ,フォントの特徴テーマ,サイズの特徴テーマがある.
  • グラフの特徴テーマは頂点と辺のプロットに影響する.次の特徴テーマを使うことができる.
  • "LargeGraph"大きいグラフ
    "ClassicDiagram"古典的なグラフ
  • Properties->{a->{name1->val1,},}は特性 name1->val1等を a と関連付ける.a は頂点,辺,グラフそのもののいずれでもよい.a についての次の文字列には特別な意味がある.
  • "DefaultEdgeProperties"デフォルトの辺の特性
    "DefaultVertexProperties"デフォルトの頂点特性
    "GraphProperties"グラフそのものの特性
  • VertexCoordinates->Automaticの設定では,頂点の置き方と辺の経路指定はGraphLayoutの設定に基づいて自動的に計算される.
  • 辺のスタイルその他の指定は事実上PlotThemeEdgeStyleGraphHighlightStyleStyleその他のラッパー,EdgeShapeFunctionの順に適用され,後の指定が先の指定を無効にする.
  • 頂点のスタイルその他の指定は事実上PlotThemeVertexStyleGraphHighlightStyleStyleその他のラッパー,VertexShapeFunctionの順に適用され,後の指定が先の指定を無効にする.
  • 辺のラベルのスタイルやその他の指定は事実上PlotThemeEdgeLabelStyleGraphHighlightStyleLabeledEdgeLabelsの順に適用され,後の指定が先の指定を無効にする.
  • 頂点ラベルのスタイルやその他の指定は事実上PlotThemeVertexLabelStyleGraphHighlightStyleLabeledVertexLabelsの順に適用され,後の指定が先の指定を無効にする.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

無向グラフ:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

有向グラフ:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

辺と頂点にスタイルを施す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ラッパーを使って直接入力する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

頂点と辺にラベルを付ける:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

異なる頂点と辺を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2010年に導入
(8.0)
| 2016年に修正
(10.4)
Translate this page: