GraphLayout

GraphLayout
Graphおよび関連関数のオプションで,使用するレイアウトを指定する.

詳細詳細

  • グラフレイアウトの計算は通常数段階で行われる.GraphLayout->{s1->m1,}とすると,段階 にメソッド が使われる.
  • グラフレイアウトの使用可能な段階
  • "VertexLayout"頂点をどのように埋め込むか
    "EdgeLayout"辺の順序をどのように決めるか
    "PackingLayout"頂点の連結成分をどのように置くか
  • メソッド
  • Automaticレイアウトを自動的に選択する
    Noneレイアウトは計算しない
  • 使用可能な特別埋込み
  • "BipartiteEmbedding"頂点を2本の平行線上に置く
    "CircularEmbedding"頂点を円の上に置く
    "CircularMultipartiteEmbedding"頂点を円の弧の上に置く
    "DiscreteSpiralEmbedding"頂点を離散螺線上に置く
    "GridEmbedding"頂点を格子上に置く
    "LinearEmbedding"頂点を直線上に置く
    "MultipartiteEmbedding"頂点を数本の平行線上に置く
    "SpiralEmbedding"頂点を2Dに投影された3D螺線の上に置く
    "StarEmbedding"頂点を中心のある円上に置く
  • 木グラフ等の層状グラフと有向非巡回グラフのための使用可能な構造埋込み:
  • "BalloonEmbedding"頂点を中心が親頂点上にある円上に置く
    "RadialEmbedding"頂点を弓形の上に置く
    "LayeredDigraphEmbedding"頂点を有向非巡回グラフの平行線上に置く
    "LayeredEmbedding"頂点を平行線上に置く
  • 使用可能な最適化埋込みは,どれも数量を最少にする.以下は含まれるものである.
  • "HighDimensionalEmbedding"高次のバネ電気のエネルギー
    "PlanarEmbedding"辺交差の数
    "SpectralEmbedding"平方距離の重み付きの総和
    "SpringElectricalEmbedding"辺をバネに,頂点を電荷にした場合のエネルギー
    "SpringEmbedding"辺をバネにした場合のエネルギー
    "TutteEmbedding"辺交差の数と近傍までの距離
  • メソッドの可能な設定値
  • "DividedEdgeBundling"辺をセグメントの束に分ける
    "HierarchicalEdgeBundling"階層的木構造に従って辺を束にする
    "StraightLine"辺の間の直線
  • の可能な設定値
  • "ClosestPacking"最上部左からの最密充填を近似する
    "ClosestPackingCenter"中央からの最密充填を近似する
    "Layered"最上部左から始めて層に並べる
    "LayeredLeft"左から始めて層に並べる
    "LayeredTop"最上部から始めて層に並べる
    "NestedGrid"ネストした格子上に並べる
2010年に導入
(8.0)
| 2014年に修正
(10.0)