GraphPlot3D

GraphPlot3D[g]
グラフ g の3Dプロットを生成する.

GraphPlot3D[{vi 1vj 1,vi 2vj 2,}]
頂点 が頂点 と結ばれているグラフの3Dプロットを生成する.

GraphPlot3D[{{vi 1vj 1,lbl1},}]
ラベル をグラフ中の辺と関連付ける.

GraphPlot3D[m]
隣接行列 で表されるグラフのプロットを生成する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • GraphPlot3Dは,うまく配置されたグラフを与えるように,頂点を3Dに位置付けようとする.
  • GraphPlot3Dでは,Graphics3Dと同じオプションに次の追加・修正を加えたものが使える.
  • DataRangeAutomatic生成する頂点の座標の範囲
    EdgeRenderingFunctionAutomatic辺のために明示的なグラフィックスを与える関数
    MethodAutomaticグラフの配置に使うアルゴリズム
    MultiedgeStyleAutomatic頂点間の複数の辺の描き方
    PackingMethodAutomatic要素をパックするときに使用するメソッド
    PlotStyleAutomatic頂点と辺のための全体的なグラフィックス指示子
    SelfLoopStyleAutomatic頂点をそれ自身と結ぶための辺の描き方
    VertexCoordinateRulesAutomatic明示的な頂点座標のための規則
    VertexLabelingAutomatic頂点名をラベルとして表示するかどうか
    VertexRenderingFunctionAutomatic頂点のための明示的なグラフィックスを与える関数
  • デフォルト設定のVertexLabeling->Automaticのとき,頂点は点として表示される.頂点の名前 は頂点数が多すぎない限りツールチップで与えられる.
  • Tooltip[vk,vlab]を使って頂点のツールチップを指定することができる.
  • VertexRenderingFunction->f のとき,各頂点は で与えられる3Dグラフィックスプリミティブで描画される.ただし,は頂点が置かれる位置であり,はその名前である.
  • EdgeRenderingFunction->g のとき,各辺は で与えられる3Dグラフィックスプリミティブによって描画される.ただし,, は辺の始点と終点,, は頂点の始まりと終り,は辺によって指定される任意のラベルである.
  • EdgeRenderingFunctionVertexRenderingFunctionを適用して得られたグラフィックスプリミティブは,GraphPlot3Dによって生成された3Dグラフに直接組み入れられる.任意の式の挿入にはInsetを使うことができる.
  • デフォルト設定のDataRange->Automaticでは,グラフ中の辺の平均長がほぼ1になるように座標が選ばれる.
  • VertexCoordinateRulesでは,明示的な規則 で頂点の座標を指定する.Automaticで与えられた座標がある場合,その座標は自動的に見付けられる.規則が指定されていない頂点は,自動的に生成された x, y および z の位置を占めるものとされる.
  • グラフは繋がれていなくてもよい.一般に不連続要素は平面エリアをほぼ均一に埋めるように配置される.
  • 隣接行列によってグラフが指定された場合,その頂点の名前は1から始まる連続する整数であると考えられる.
  • GraphPlot3D[m]の隣接行列SparseArrayオブジェクトでもよい.
  • デフォルト設定のMultiedgeStyle->Automaticでは,グラフが隣接行列で指定されている場合は重なった辺は表示されない.
  • Methodの可能な設定値には,等がある.
  • Method->Automaticのとき,GraphPlot3Dは一般にメソッドを使う.しかしグラフがツリーのときはメソッドを使う.
  • GraphPlot3DGraphics3Dオブジェクトを返す.
2007年に導入
(6.0)
| 2014年に修正
(10.0)