Graphics

Graphics[primitives,options]
2Dのグラフィックス画像を表す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • GraphicsStandardFormではグラフィックス画像として描画される.InputFormでは明示的なプリミティブのリストとして表示される.
  • 使用可能なグラフィックスプリミティブ  »
  • Arrow[{{x1,y1},}]矢印
    AASTriangle[α,β,a]2角と1辺の値が与えられた三角形
    ASATriangle[α,c,β]2角とその間の辺の値が与えられた三角形
    BezierCurve[{pt1,pt2,}]ベジエ(Bézier)曲線
    BSplineCurve[{pt1,pt2,}]Bスプライン曲線
    Circle[{x,y},r]
    Circumsphere[{pt1,}]3点で指定された外接円
    ConicHullRegion[]線形円錐
    Disk[{x,y},r]塗り潰された円板
    FilledCurve[{seg1,seg2,}]塗り潰された曲線
    HalfLine[{pt1,pt2}]半直線,あるいは放射線
    HalfPlane[{pt1,pt2},v]半平面
    InfiniteLine[{pt1,pt2}]無限線
    Inset[obj,]挿入オブジェクト
    GraphicsComplex[pts,prims]グラフィックスオブジェクトの複合体
    GraphicsGroup[{g1,g2,}]グループとして選択可能なオブジェクト
    JoinedCurve[{seg1,seg2,}]繋がれた曲線線分
    Line[{{x1,y1},}]直線
    Locator[{x,y}]動的ロケータ
    Parallelogram[pt,{v1,v2}]平行四辺形
    Point[{x,y}]
    Polygon[{{x1,y1},}]多角形
    Raster[array]グレーまたは彩色された正方形の配列
    Rectangle[{xmin,ymin},{xmax,ymax}]長方形
    Simplex[{pt1,}]シンプレックス
    SASTriangle[a,γ,b]2辺とその間の角の値が与えられた三角形
    SSSTriangle[a,b,c]3辺の値が与えられた三角形
    Text[expr,{x,y}]テキスト
    Triangle[{pt1,}]三角形
  • 使用可能なグラフィックス指示子  »
  • AbsoluteDashing[{w1,}]絶対的な破線の指定
    AbsolutePointSize[d]絶対的な点の大きさの指定
    AbsoluteThickness[w]絶対的な線の太さの指定
    Arrowheads[specs]鏃の指定
    CapForm[type]線のキャップ指定
    CMYKColor[c,m,y,k]色の指定
    Dashing[{w1,}]破線の指定
    Directive[g1,g2,]複合グラフィックス指示子
    EdgeForm[g]辺の描画指定
    FaceForm[g]面の描画指定
    GrayLevel[i]強度の指定
    Hue[h]色調の指定
    JoinForm[type]線の接続指定
    Opacity[a]不透明度指定
    PointSize[d]点の大きさの指定
    RGBColor[r,g,b]色指定
    Texture[obj]テクスチャ指定
    Thickness[w]線の太さの指定
  • 任意のレベルで使えるラッパー
  • Annotation[obj,label]注釈を与える
    Button[obj,action]obj がボタンとして動くようにする
    Dynamic[obj]動的にアップデートされた現在値を使用
    EventHandler[obj,]イベントハンドラを付加
    Hyperlink[obj,URI]obj をハイパーリンクにする
    Mouseover[obj,over]マウスオーバーの形式を指定
    PopupWindow[obj,cont]ポップアップウィンドウを付加
    StatusArea[obj,label]ステータスエリアに現れるラベルを指定
    Style[obj,opts]スタイルを指定
    Tooltip[obj,label]ツールチップを付加
  • 有効なオプション
  • AlignmentPointCenter整列の基準となるグラフィックス内のデフォルトの点
    AspectRatioAutomatic縦横比
    AxesFalse座標軸を描くか描かないか
    AxesLabelNone座標軸のラベル
    AxesOriginAutomatic座標軸の交点
    AxesStyle{}座標軸のスタイル指定
    BackgroundNoneプロットの背景色
    BaselinePositionAutomatic周囲のテキストのベースラインとの揃え方
    BaseStyle{}グラフィックスのベーススタイル指定
    ContentSelectableAutomaticコンテンツの選択を許容するかどうか
    CoordinatesToolOptionsAutomatic座標ツールの細かな動作
    Epilog{}主となるプロットの後に描くプリミティブ
    FormatTypeTraditionalFormテキストのデフォルトの書式
    FrameFalseプロットの周囲に枠を描くか描かないか
    FrameLabelNone枠のラベル
    FrameStyle{}枠線のスタイル指定
    FrameTicksAutomatic枠の目盛
    FrameTicksStyle{}枠目盛のスタイル指定
    GridLinesNone描画する格子線
    GridLinesStyle{}格子線のスタイル指定
    ImageMargins0.グラフィックスの周囲に残す余白
    ImagePaddingAllラベル等に余分な充填をどの程度許すか
    ImageSizeAutomatic描画するグラフィックスの絶対的サイズ
    LabelStyle{}ラベルのスタイル指定
    MethodAutomatic使用するグラフィックスメソッドの詳細
    PlotLabelNone全体的なプロットのラベル
    PlotRangeAll含める値の範囲
    PlotRangeClippingFalseプロット範囲で切り取るかどうか
    PlotRangePaddingAutomatic値の範囲をどの程度充填するか
    PlotRegionAutomatic塗り潰す最終的な表示領域
    PreserveImageOptionsAutomatic同じ画像を新たに描画する際に画像のもとのオプションを保存するかどうか
    Prolog{}主となるプロットに先駆けて描かれるプリミティブ
    RotateLabelTrue枠の y 軸に与えられているラベルを回転させるかどうか
    TicksAutomatic座標軸の目盛
    TicksStyle{}座標軸の目盛のスタイル指定
  • グラフィックス構造のネストしたリストを与えることができる.GrayLevelのような指示子指定は,これらを含むリストが終るまでだけ効果を保つ. »
  • Style[obj,opts]は,オプションあるいは指示子 optsobj に適用するために使うことができる. »
  • 次のMethodオプションを使うことができる.
  • "AxesInFront"Trueプリミティブの上に軸を描くかどうか
    "FrameInFront"Trueプリミティブの上に画像の枠を描くかどうか
    "GridLinesInFront"Falseプリミティブの上に格子線を描くかどうか
    "TransparentPolygonMesh"False隣り合う多角形は描画線が二重にならないように注意深く描かれるべきかどうか
  • BaseStyleの設定値は一般に現行スタイルシートのスタイルで与えられるデフォルトスタイルに加えられる.AxesStyleLabelStyle等の設定値は等のデフォルトスタイルに追加される.
  • Graphics[]は,空のグラフィックスをデフォルトの画像サイズで与える.
1988年に導入
(1.0)
| 2014年に修正
(10.0)