旧バージョンの WOLFRAM言語シンボル

GraphicsArray

バージョン6.0で,GraphicsArrayGraphicsGridGridに置き換えられた.

GraphicsArray[{g1,g2,}]
グラフィックスオブジェクトを並べたものを表す.

GraphicsArray[{{g11,g12,},}]
グラフィックスオブジェクトの二次配列を表す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • GraphicsArrayオブジェクトは,Showを使って表示することができる.
  • GraphicsArrayは,それぞれのグラフィックスオブジェクトに,等しい大きさの長方形の表示領域を設定する.
  • GraphicsArrayは,Graphicsと同じオプションを持つが,TicksFrameTicksのデフォルトがNoneに変更される.
  • GraphicsArrayは,追加的なオプションGraphicsSpacingを取る.このオプションは各グラフィックスオプジェクトが入っている長方形の領域間の空間を指定する.デフォルト設定はGraphicsSpacing->0.1である.
  • オプションDisplayFunctionColorOutputそしてCharacterEncodingは,GraphicsArrayの内側で与えられるグラフィックスオブジェクトでは無視される.
1991年に導入
(2.0)