Gray

Gray
グラフィックスあるいはスタイル指定中の灰色を表す.

詳細詳細

予備知識
予備知識

  • Grayは,グラフィックスあるいはスタイル指定における灰色を表す記号である.Wolfram言語における色指定は,Graphics式あるいはGraphics3D式中で,Graphics[{Gray,Disk[]}]のように明示的に行うことができる.この場合,他の指定によって無効にならない限り,この色指定は続くすべての式に影響を与える.色指定は,Plot[Sin[x],{x,0,2Pi},PlotStyle->Gray]のように単独で,あるいはPlot[Cos[x],{x,0,2Pi},PlotStyle->Directive[Thick,Gray]]のようにDirective複合式の一部として,オプション指定の一部に用いることもできる.色指定は,テキスト,式,ノートブックセルの外観に影響するStyleラッパーの中に用いることもできる(例:Style["hello",Gray]).
  • Grayを評価するとGrayLevel[0]になる.
  • 他の色を表す名前付きの記号には,RedGreenBlueBlackWhiteCyanMagentaYellowBrownOrangePinkPurple,およびLightRedのようなこれらの異形がある.任意のグレースケールの色は,GrayLevelを使って入力することができる.HueRGBColorCMYKColorLABColorLUVColorあるいはXYZColorを使って任意の色を入力することができる.色は,LighterDarkerおよびBlendを使って変更することができる.ColorConvertを使って異なる系の間で色を変換することができる.Graphics3Dオブジェクトでの色の外観は,GlowSpecularityLightingを使って制御することができる.彩色されたグラフィックスオブジェクトの透過性は,Opacityを使って指定することができる.ColorDataを使って名前付きの色スキームにおける色を生成する関数を与えることができる.
2004年に導入
(5.1)