GridBox

GridBox[{{box11,box12,},{box21,box22,},}]
低レベルボックス構文であり,ノートブック式においてボックスや文字列からなる二次元格子を表す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • GridBoxは,Gridの低レベル表現である.低レベルノートブック式の操作を除き,GridBoxを直接使わなければならないことがあってはならない.
  • ノートブックでは,GridBoxの列はCtrl+で,行はCtrl+Enterで追加することができる.
  • Ctrl+,またはメニューのコマンドを使い,何もない状態からGridBoxを形成することもできる.
  • タブキーを使い,GridBox内の1つの記入事項から次の記入事項に移動することができる.Ctrl+Spaceを押すことでGridBox全体から抜け出せる.
  • StandardFormInputFormを使っているとき,GridBox[list]と解釈される.
  • GridBoxを丸カッコでくくることでより行列的な表示にすることが可能である.ただし,GridBoxの解釈時には,デフォルトで丸カッコが無視されることに注意.
  • 指定可能なオプション
  • AllowedDimensionsAutomatic行数や列数に関する制約
    BaselinePositionAutomatic格子全体のベースラインの位置
    ColumnAlignmentsCenter列の揃え方
    ColumnLinesFalse列間に線を引くかどうか
    ColumnsEqualFalse列を単一横幅に統一するかしないか
    ColumnSpacings0.8列間の間隔幅(em単位)
    ColumnWidthsAll実際の列幅(em単位)
    GridDefaultElement""新規作成の記入セルに挿入するデフォルトの要素
    RowAlignmentsBaseline行の揃え方
    RowLinesFalse行間に線を引くかどうか
    RowMinHeight1.0行の全縦幅の最小値( x の高さで)
    RowsEqualFalse行を単一縦幅に統一するかしないか
    RowSpacings1.0行間の間隔幅( x の高さで)
  • GridBoxは二次元配列に対してだけ有効な低レベルの構文である.TableFormMatrixFormは高次の配列に対しても機能する高レベルの構文である.
  • StandardFormでは,明示的なGridBoxオブジェクトは記述のまま出力される.そのようなとき,最終的な表示形を確認するにはDisplayFormを使う.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

格子を表示する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//DisplayForm=

GridBox構造は行列として解釈されることがある:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

さまざまな構造のコンテンツを持つ格子を表示する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//DisplayForm=
1996年に導入
(3.0)
| 2012年に修正
(9.0)