HazardFunction

HazardFunction[dist,x]
x で評価された記号分布 dist のハザード関数を返す.

HazardFunction[dist,{x1,x2,}]
で評価された記号分布 dist の多変量ハザード関数を返す.

HazardFunction[dist]
ハザード関数を純関数として返す.

詳細詳細

  • HazardFunctionは死力としても知られている.
  • 連続分布の場合,HazardFunction[dist,x] dx は,観測値が無限小 dx について x より大きいことを前提として,それが x から までの間になる確率を返す.
  • 連続分布の場合,HazardFunction[dist,x] dx は無限小 dx についてProbability[xξ<x+dxξx,ξdist]に等しい. »
  • 離散分布の場合,HazardFunction[dist,x]Probability[ξxξx,ξdist]に等しい.
  • 多変量連続分布の場合,HazardFunction[dist,{x1,,xn}]dx1 dxnProbability[x1ξ1<x1+dx1xnξn<xn+dxnξ1x1ξnxn,{ξ1,,ξn}dist]に等しい.
  • 多変量離散分布の場合,HazardFunction[dist,{x1,,xn}]Probability[ξ1x1 ξnxnξ1x1ξnxn,{ξ1,,ξn}dist]に等しい.
2010年に導入
(8.0)